Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

葛川細川にある、静かな渕。

釣りにおいては、このようなフラットな渕でよい思いをした事がほとんどない。
第一、フライを浮かべても魚からしっかり観察されるので、騙せる気がしない。
特に安曇川のようなハイプレッシャーな川では、アマゴやイワナは充分に学習しいる。
稀に覗きにくる奴がいるが、フライ直下で一瞬静止した後、上目遣いで去っていくのが関の山である。

ただしライズ(水面への捕食行動)があれば、話は別である。

何を食べているのだろうか・・・
捕食対象のサイズは・・・
ライズのスパンは・・・
フライは何を選ぼうか・・・
どのようにアプローチしようか・・・ 等々、

たとえ釣れなくても結構楽しめる。

Sponsored Links

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket