Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

新旭の外れにCOFFEE WORKS PLUSという、型破りな珈琲専門店がある。
周辺に人が集まりそうな所はなく、車の往来もさほどない所にそのお店はある。

店の前には、待合用なのか木のベンチが一つあり、あと珈琲豆の自販機。

店内はカウンター席のみ。 その奥には焙煎機やエスブレッソマシン、その他素人には用途不明の機器が所狭しと鎮座しており、さながら実験室のようである。

メニューはあるが、珈琲に疎い人に解るようなものではない。
したがってオーダーは、マスターとのやりとりにより決まる事が多い。

オーダーが決まれば手際良くかつ、いかにもその道のプロらしい動線で珈琲が作られていく。

写真の珈琲は、エスプレッソ・アルフレッド。
初めて口にした時、そのクリーミーさから頭に浮かんだのは、かつて裏千家茶道資料館でお手前頂いたお茶の、柔らかい口当たりであった。

Sponsored Links


[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket