Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

5月の良く晴れた日。
気持ちはよいが、釣れる気がまったくしないドピーカンの午後3時すぎ。

安曇川は南北に走るV字峡を流れている。
従って、結構早くから川面に山からの陰が掛かってくる。
この日も既に川面の一部に陰が掛かって来ていた。

イブニングまでこれと言ってする事がないので、この陰になっている所から釣り始める事にした。
そして、陰が伸びていったポイントを、ゆっくりと釣り上がって行った。

川面全体に陰が掛かった頃、このアマゴが釣れた。
体長24cm、安曇川本流らしいネイティブであった。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket