Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

竹生嶋「壷中重星霜」

「星は1年に天を1周し、霜は毎年降る」ところから、「星霜」とは歳月を表す言葉らしい。

このお酒、文字通り壷の中で「星霜」を重ねた古酒である。

平成15年の醸造とあるので、実に10年以上の歳月を重ねた強者である。

一般的に日本酒は火入れしたものでも歳月には勝てず、やがては酢になっていく。 しかしこのお酒はよほど意思が強いらしく、あくまで「酒」を貫いている。

元々は「吟吹雪」による純米大吟醸であるが、極めて個性的な風味をもっており、強いて言うと、紹興酒に近い。

何と合わせるとこの個性が活かされるのか、探究心に火が灯るお酒であります。

Sponsored Links

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket