何度も出たアマゴ

渓流のフライフィッシングの場合、第1投で勝負が決まる場合がほとんどである。

特に警戒心が強いアマゴやヤマメはそうで、第1投でしくじるとうんともすんとも言わなくなることが多い。

このアマゴはその例外で、何度もフライに反応するのだが、なかなかフライを咥えてくれなかった。

しかし余程お腹が減っていたのだろうか、12回目にしっかりとフライを咥えてくれた。

Sponsored Links