Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

フルーティー路線をひた走る、福井弥平商店謹製の純米吟醸生酒。
一般的に生酒は足が早く、特に開封後は素早く呑み切るのが定石。
ところがこのお酒、冷蔵庫で寝かせる事によりフルーティーさが増幅され、この上ないお酒に化ける場合がある。運がよければ・・・
運が悪ければ、ただの気の抜けた液体になる。

最近の例では、ふた月ほど前に開封した1/4程の残り酒が、見事に化けた。
開封時に、その道を極めた酒豪に「若いっ!!」と一喝されたのが効いたのだろうか・・・

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket