Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

小アユ佃煮

小鮎はてんぷらにしろ塩焼にするにしろ鮮度が一番で、調理されてすぐのアツアツを頂くのが一番である。
しかし佃煮にすれば比較的日持ちがするし、ごはんの「おかず」になもる。
湖北に注ぐ大小の河川には初夏から秋口にかけて、おびただしい数の小鮎が遡上してくる。
僕もかつて、溝の様な小川で小鮎の入れ食いを経験した事がある。
この様な事情なので、琵琶湖周辺には小鮎の佃煮屋さんが多い。
僕のお気に入りは、彦根の「きむら」である。ここの佃煮は川魚特有の臭みが全くなく、川魚が苦手な向きにもお勧めである。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket