Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

山菜天ぷら02

4月も中旬になると、朽木はにわかに慌ただしくなる。
山菜の真打ち、タラが芽吹いて来るからだ。

ふきのとうやこごみに見向きもしなかった地元の人達も、タラの芽には目の色を変える。
それぞれ、お目当のタラの見回りに余念が無い。
こう言った状態なので、タラの芽を採るには注意が必要である。

タラの芽も良いが、僕はやや香りの強いコシアブラの芽が好きだ。
これら木の芽は、やはりてんぷらで頂くのが最高である。

Sponsored Links

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket