Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on RedditShare on LinkedIn

20130428アマゴ.jpg

昨年の後半から、安曇川流域に住む友人と一緒に釣りを楽しんでいる。
この友人はルアーの達人で、毎回僕の数倍の魚をキャッチしている。
僕は釣果をあまり気にしないたちである。
しかし、釣行のたびに質、量ともに上回る結果を出されると、流石に心穏やかで無くなる。
その彼がルアーでどう攻めてもとれなかった魚を、フライで釣り上げる事が出来た。
岩と岩の間に上流から流し込まなければならない難しいポイントであったが、フライを手換え品換え流す事で、ようやくキャッチする事が出来た。

Sponsored Links

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket